セラミックスができるまで How to make ceramics

高純度セラミックスの原材料調合から高精度な成形品・加工品及び組立加工品まで、
優れた製品を提供しています。
ここでは、セラミックスができるまでの製造工程をご紹介します。

 

01 原料・調合

htmc-images01天然鉱物→水簸(すいひ)・風簸(ふうひ)・精錬・精製し、不純物を除き極めて高純度のセラミックス原料が出来上がり ます。もともとは陶磁器などの焼物に使われていました。

02 成形・加工

セラミックスは焼成にて2割程度収縮します。
当社ではこの収縮率を計算し、生の状態で加工します。粉体を目的の形状にするプレス加工と、
1度押し固め、インゴットから削りだすグリーン加工にて成形します。

プレス成形

数量の多い量産品に適した成形方法です。
専用金型を作る事で完成品の形状、またはそれに近い
形状に成形をして、加工の工数を削減する事が出来ます。

htmc-images02

グリーン加工

焼結前の生の状態の粉末成形体を機械加工する事で、
様々な形状にする事が可能です。グリーン加工により、
試作品や少量Lotの製品への対応が可能です。

htmc-images03
 

03 仕上げ・焼成

焼成により水分の除去や粒子の結合で焼き縮まります。
セラミックスは熱衝撃に弱いため、時間をかけて昇温、降温を行います。こうしてダイヤモンドに
次ぐ硬さを有し、耐熱に優れ、また電気的特性にも優れたファインセラミックスが誕生します。

04 研磨

htmc-images04焼成後のセラミックスをダイヤモンド工具で2次加工を行い、
お客様の指定精度に仕上げます。
セラミックスは焼成の際に収縮するため、高い精度や面粗さが必要な場合、焼成後のセラミックスに2次加工をします。

05 洗浄

無機質の汚れ、有機質の汚れ、それぞれに合わせ洗浄方法を変え、表面も内部も汚れを除去し、
吟味した梱包材を用い真空中での活用を広げています。

06 検査

htmc-images05品質保証体系の一翼を担い、検査装置の拡充を図っています。検査精度も5μmの計測保証から1μm(0.001mm)ヘ、更に0.1μm以下へと進行中です。

07 出荷

htmc-images06㈱友玉園セラミックス、福島セラミック㈱ではお客様満足度: ISO9001・ISO14001グリーン調達の拡充を図り、製品の
検査成績書(製品保証)を添えてお届けします。
当社のファインセラミックスは高真空の装置や各種分析機器、 制御装置等に採用されています。