セラミックス加工品 Ceramics processing products

01 絶縁部品

高精度な加工が可能で、精密機器・高真空中の絶縁部品として使用

絶縁部品セラミックスの特性である絶縁性を目的とした部品です。
当社のセラミックスは主に検査装置などの高真空中で使用されております。そのため、製品の品質には特に力を入れており、洗浄工程の管理はもちろん、クリーンルームも完備しております。
当社の特徴としては、小物、丸物が得意であり、高精度な加工も可能です。
1,000℃以上の環境下においても高い絶縁性を持つのもセラミックスの特徴といえます。


02 耐熱部品

優れた耐熱性でヒーターなどの高温分野で使用

耐熱部品セラミックスは焼き物であり、高温域で焼成を行うため耐熱温度が非常に高いのが特徴です。この特性を活かして多くのセラミックスが耐熱部品として使用されております。
具体的には、アルミナセラミックスにヒーター線を巻きつけたヒーターユニットや窒化アルミ二ウムなど熱伝導率を活かした放熱部品、焼成用の治具など、幅広い分野でセラミックスは活躍しております。


03 耐摩耗部品

緻密かつ高い強度で研磨材にも使用

耐熱摩耗品アルミナセラミックスの構造は緻密であり、高い強度を有します。 セラミックスの材料であるアルミナは、研磨にも使用されており、この特徴を活かした耐磨耗用部品が多く使用されております。
用途としては、撚糸部品やローラー、繰り返し使用する治具などに使用されます。また、アルミナより耐磨耗性は劣りますが、緻密性が高いジルコニアは、その平滑性を活かし、ノズルや光ケーブル関係の部品としても使用されます。


04 通信関連部品

通信関係の部品として使用

通信関連部品最近ではデジタルになってしまいましたが、アナログ時代にラジオやテレビなどに使用されていたのが、誘電損が少ないステアタイトやフォルステライトです。その特性を活かし、現在でも通信関係の部品として使用されております。


05 釉薬(ガラスコーティング)

セラミックス表面への汚染防止

釉薬(ガラスコーティング)セラミックス表面にSiO₂を主成分とする釉薬層を形成します。
釉薬を施す事により、金属等に依るセラミックス表面への汚染を
防止し、絶縁性の維持に役立ちます。
また、汚れを取り易く出来るというメリットもあります。